武修館道場

当館の歴史

天保六年(1835年)に美作国の杉山縫殿之介(力信流第六代)より力信流免許皆伝を授かった大江安左衛門吉光(力信流第七代)は、生家のある当地(御野郡畑村・現岡山市北区畑鮎)に武修館道場を創設し、

幕末から明治にかけて、備前岡山藩内で広く力信流を教授し、山上の道場には数多の門人が稽古に通ったと伝えられています。

明治から大正にかけて第八代大江和三郎家光(安左衛門の長男)が当地で道場を守るなか、安左衛門の弟子達の活躍もあり、当館の名称を受け継いだ武修館道場が大阪・名古屋・静岡などの各地に創設され県外にも力信流が広められました。

なかでも、昭和初期にかけて静岡県警に招聘された大長九郎氏(安左衛門の高弟)と鎌田忠義(和三郎の二男)の活躍により、静岡県では現在も静岡武修館道場として力信流を継承されています。

昭和の戦後、時代の流れとともに畑鮎の武修館道場は一度閉館しますが、鎌田忠義(和三郎の二男)が大江進(和三郎の孫)を静岡に呼び寄せ、力信流の技を継承しました。

大江進は弟子を取りませんでしたが、力信流継承者として地元の神社や小学校、岡山城での史料展示や演武などの活動を積極的に行い、力信流の伝承存続に一生涯尽力しました。

大江家伝として現当主大江一成(進の長男)が当地の力信流を継承しています。

家伝の力信流とともに、神戸・大阪で合気道を修めた大江一成(進の長男)によって、昭和53年(1978年)に合気道武修館道場として当地に道場が再建され、合気道、力信流、太極拳、気功法の稽古道場として活動を続けています。


道場名 財団法人合気会公認合気道武修館道場
稽古種別 合気道・体術・剣術・杖術、力信流・棒術・剣術、太極拳、健身気功
住所 〒701-2153 岡山県岡山市北区畑鮎2211番地
電話番号 086-228-0734
090-3749-0879(大江一成)
FAX番号 086-228-0803
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
稽古時間 各道場により時間が異なりますので、詳細情報をご覧いただくか、お問い合せ下さい。
アクセス (車)
○JR津山線原駅から10分
○岡山ICから10分
googleマップで見る
駐車場